女性アーティスト、女性バンドまとめサイト

当サイトは、日本で活躍する女性アーティスト、女性バンド等を中心とした芸能全般をまとめたサイトです。 ネガティブな記事はなるべく扱わず、アーティストの皆さんの前向きに頑張っている姿をお伝え出来たら良いなと思っています。よろしくお願いいたします。

    2019年11月


    倉木麻衣 デビュー20周年ライブ、12月8日WOWOWにて放送



    (出典 www.musicman.co.jp)


    20周年おめでとうございます。

    【倉木麻衣 デビュー20周年ライブ、12月8日WOWOWにて放送】の続きを読む


    PerfumeのМV企画案コンテスト、グランプリは11歳の小学生



    (出典 dream0820.com)


    レベルの高い小学生、多いね。

    【PerfumeのМV企画案コンテスト、グランプリは11歳の小学生】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/29(金) 14:40:41 ID:TF1OP49A9.net

    アイドルグループAKB48の元メンバーでタレントの倉持明日香(30)が29日、都内で行われた『2019 スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞 年間大賞』の授賞式にMCとして参加。
    ラグビーW杯日本代表・稲垣啓太選手(29)との熱愛が報じられて以降、初の公の場で笑顔を振りまいた。

    報道によると2人は、スポーツキャスターとして活動する倉持が数年前にラグビーを取材した際に共通の知人を通じて知り合い、今年の夏前ころに交際へ発展したという。
    倉持の所属事務所は「もう大人ですので、プライベートは本人に任せております」と交際を否定しなかった。

    この日は黒のレースドレスというシックな装いで登場。MCとしてつつがなく進行役を務め、笑顔で幸せオーラを振りまいた。
    退場する際に「交際は順調ですか」と報道陣に声を掛けられると笑顔でうなずいていた。

    プロ野球のレギュラーシーズンを通じて最も劇的なサヨナラ本塁打、またはサヨナラ安打を放った選手に贈られる同賞。
    今年の受賞者はセ・リーグが阪神タイガースの高山俊選手、パ・リーグが千葉ロッテマリーンズから東北楽天ゴールデンイーグルスに加入が決定している鈴木大地選手が選出された。

    MCとしてトークショーに出演した倉持。父・明氏が元ロッテの選手で自身もロッテファンであることから、
    FAで来季から東北楽天ゴールデンイーグルスでプレーする鈴木選手に「ファンとして聞きたいんですけど登場曲はまだ決まっていないんですか?」と直撃質問。
    FUNKY MONKEY BABYSの「告白」でおなじみの鈴木選手は「登場曲は特別なもの。引き続き使っていけたら」と笑っていた。

    高山選手は5月29日の読売ジャイアンツ戦(甲子園)で、4対4で迎えた延長12回裏。
    一死満塁のチャンスに代打で登場。池田駿投手から右翼席に劇的なサヨナラ満塁本塁打を放った。
    高山選手のサヨナラ打は16年5月21日の対広島戦以来2度目でサヨナラ本塁打は初。代打サヨナラ満塁本塁打はプロ野球史上17本目となった。

    鈴木選手は6月16日の対中日ドラゴンズ戦(ZOZOマリン)で、2対7で迎えた9回裏に、
    4点を返し1点差に詰め寄った2死満塁の場面で、右前に逆転のサヨナラ安打をバットを折りながら放ち、8対7の劇的なサヨナラ勝利を呼び込んだ。
    9回裏に5点差以上を逆転してのサヨナラ勝利はプロ野球史上9度目。今季、鈴木選手はサヨナラ打を3度記録。
    個人シーズン3度のサヨナラ打は55年ぶり3人目の球団対記録となった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17453624/
    2019年11月29日 14時14分 オリコン


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【2chまとめ】倉持明日香、ラグビー稲垣選手と熱愛報道後初の公の場 「順調?」の質問に笑顔でうなずく】の続きを読む



    1 牛丼 ★ :2019/11/29(金) 21:53:46.18 ID:bmwkuU5P9.net

    11月14日にNHKが発表した大みそかの「紅白歌合戦」の出場歌手に、ファン待望の「DREAMS COME TRUE」の名前はなかった。

     担当プロデューサーは「今年の活躍、世論の支持、番組の企画・演出を考えた」と、選考理由を明かしたが、「パプリカ」を歌うFoorinや菅田将暉(26)、日向坂46など、予想通りの初出場歌手の名前が並ぶ一方で、昨年初出場で、今年も大活躍の米津玄師(28)やあいみょん(24)、朝ドラ「なつぞら」の主題歌「優しいあの子」を担当したスピッツの名前はなかった。

     加えて、往年の紅白ファンを落胆させたのが、いわゆる“返り咲き組”が全くいない点だ。

    「昨年は、『U.S.A.』をヒットさせたDA PUMPが16年ぶりに返り咲き、松任谷由美さんが7年ぶり3度目の出場を果たしました。今年は誰になるのかと、紅白ウオッチャーの間で予想合戦がヒートアップ。小林幸子さんを筆頭に、倉木麻衣さんなどの名前も上がっていましたが、一番期待されていたのは、やはりドリカムです」(芸能ライターの弘世一紀氏)

     ドリカムは過去に2度も紅組のトリを務めたが、最後に出場したのは2013年のこと。昨年は朝ドラ「まんぷく」の主題歌を歌ったことで、返り咲くと見る向きもあったが出場しなかった。

     そんなドリカムの紅白出場が再び取り沙汰されるようになったのが、今年夏頃のことだ。

    ■デビュー30周年の節目に西川が17年ぶり合流

    「現在、吉田美和と中村正人の2人で活動しているドリカムですが、今年はデビュー30周年を迎えた節目の年であり、4年に1度の全国ツアー『ドリカムワンダーランド』の注目度が高まっていました。そんな中、北海道出身の彼らは7月27日に札幌ドームで凱旋コンサートを行い、その前夜祭イベント『ドスコ』のステージにサプライズゲストとして、17年前に脱退した西川隆宏が登壇したのです。

     これは本当に驚きました。西川は02年に、音楽性の違いを理由にドリカムを脱退しましたが、それはあくまで表向きの理由。彼にはそれ以前から薬物使用の疑惑があり、その件で一部マスコミが取材を進めていた矢先に脱退し、直後に覚醒剤取締法違反で逮捕されたのです。そのため、実際はクビになったのではないか、というのが大方の予想です。06年に再び同罪で実刑判決を受け、完全に表舞台から消えたのです」(前出の弘世一紀氏)

     以来、ドリカム3人の再結成は不可能だと思われていたのだが、「ドスコ」に登場した西川をファンは大歓迎で迎えた。こうしたファンの反応に、“3人のドリカム”に懐疑的だった吉田の気持ちも軟化したらしい。そこにすかさず反応したのが、NHKだったという。

    「大好評だった今年の朝ドラ『なつぞら』の舞台は北海道でした。20年東京五輪のマラソンと競歩も札幌開催に決まりました。北海道出身のドリカムが結成30周年を機に3人で再スタートとなれば、宣伝効果は絶大です」(NHK関係者)

    ■過去の逮捕歴や噂のあるミュージシャンも厳しい

     NHKは恐らく年末ギリギリまで交渉し、特別枠という形での出場も模索していることだろう。つまり、現時点では米津玄師やスピッツの出場も諦めていないということだ。

     とはいえ、今年の選考は、ここへ来て明らかに例年とは違ってきている。その原因は、沢尻エリカ容疑者(33)の逮捕だという。

    「マスコミ各社の報道を見ると、今年の夏頃から“沢尻逮捕”の噂が流れていたようです。もちろん、取材力のあるNHKの一部関係者にも情報は伝わっていました。しかし、今年は『いだてん』のピエール瀧の逮捕があったばかりですし、すでに撮影が始まっていた『麒麟がくる』の主演級の女優が薬物に関与しているとは、本気で信じることができなかったようです。それが覆ったわけですから、この一件で紅白出場歌手の“身体検査”も厳しくなることは間違いありません」(前出のNHK関係者)

     NHKの木田幸紀放送総局長は20日の会見で「出演者の身体検査強化を検討する」と言及。当然、これから交渉に当たる紅白特別枠出場者にもその影響は及ぶことが考えられる。

    「ミュージシャンの薬物に関する噂は多い。本番まで1カ月余りとはいえ、楽観はできません。そういう意味では、過去に薬物事案で問題を起こしたり、噂があったミュージシャンの選考には慎重にならざるを得ないのです」(前出の弘世一紀氏)

     沢尻容疑者の影響はこんなところにも及んでいる。ドリカムファンは怒った方がいい。

    https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_590297/


    【【2chまとめ】ドリカムNHK紅白出場も…西川の薬物逮捕と沢尻氏逮捕で消滅】の続きを読む



    1 muffin ★ :2019/11/29(金) 13:02:28.65 ID:dJ0ZFLHi9.net

    https://sirabee.com/2019/11/29/20162207535/
    2019/11/29

    女優の原田知世(52)が28日に52歳の誕生日を迎え、インスタグラムに祝福の声が集まっている。

    原田知世が28日にアップしたのは、赤いワンピースを着用してステージに立っているライブ写真。同日に52歳の誕生日を迎えた原田だが、頬をピンクに染めた笑顔は清楚可憐。

    写真は6枚投稿されており、すべてオーチャードホールで行われた「原田知世『L’Heure Bleue』リリース・ツアー 2019」のステージ写真とのこと。

    6枚目のフィナーレの写真は盛況だった様子が伝わってくる1枚で、原田本人も「お越しいただいたみなさまに心から感謝です。ありがとうございました」と、感謝の言葉を添えている。

    1枚目の赤いワンピース姿は少女のように初々しく、2枚目の黒いドレス姿からは年齢相応の大人の魅力も感じられる。

    50代を超えてもアイドル時代と変わらぬ美貌を見せつけている原田に対し「いい意味で、全然変わらないのがいいと思います」「可愛すぎます」「いつまでもチャーミングな知世ちゃんで」といった称賛の言葉が多数。

    その歌声に対しても「癒される」「うっとり」「穏やかになったりときめいたり、心の中が色んな色で満たされます」といった声が寄せられていた。


    (出典 img.sirabee.com)


    h
    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)



    h
    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    h
    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    【【2chまとめ】原田知世が52歳に 清楚可憐な近影に「全然変わらない」と称賛の声】の続きを読む

    このページのトップヘ